スタッフブログ
STAFF BLOG
スタッフの家づくり日誌

クリエイトホームのこだわり

クリエイトホームが考える消費税アップ|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^^)/

2019年が近づき、消費税アップのニュースが気になります。

そこで今回は、クリエイトホームのお客さまコンシェルジュである星川和恵が、消費税についてご説明させていただきます。

消費税アップが現実的になって以来、お客さまからは、「10%に上がるなら、それまでに家を建てた方がいいの?」というご相談を承っています。

確かに住宅は大きなお買い物なので、消費税が2%アップすれば、これまで以上の費用がかかることになります。

けれど消費税アップをご心配されているお客さまに対して、クリエイトホームでは慌ててお家を建てることをおすすめはしていません。

なぜならローンを組んでお家を購入するお客さまの場合、金利のほうが消費税よりずっと、気にかける必要があるからです。

たとえば2,500万円の借り入れの場合、金利が1%ちがうと、35年間かけてローンを返す場合、総額はおよそ570万円変わります。(※銀行の当初の金利により金額には変動があります)

対して税込2,000万円のお家を購入した場合、消費税が2%アップしてもそのちがいは30万円程度で、大きな額ではありますが、金利との差は明らかです。

消費税がアップする前に建てなければと、十分に検討することなく手頃な業者と契約してしまい、後からトラブルが発生すると、かかる費用は消費税のちがいどころではなくなってしまいます

消費税アップの前に家を建てるべきかどうかというご相談でも、クリエイトホームでは承っています。

気になるお客さまはぜひ、お気軽にお問合せください!

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.11.15

無垢材を扱う大工さんについて|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^^)/

 

今月は、クリエイトホームの家づくりを支える、“無垢材”についてお話ししてきました。

無垢材とはどんな素材なのか、お家に無垢材を使用することのメリット・デメリットなど、クリエイトホームの家づくりを、お客さまにどうお伝えしていけばよいかを改めて考えています。

そこで今日は、無垢材の施工に欠かせない大工さんの知識や技術についてお話ししようと思います。

 

無垢材には調湿作用があり、湿度の高い日は水分を吸収し、乾燥した日は吸い込んだ水分を放出する性質があります。

水分を吸収すればふくらみ、放出すれば縮むのも、無垢材の特徴のひとつです。

ところがこの性質、家づくりには適しません。

 

ぴったり合わせた床がふくらんだり、隙間があいたりすると住んでいる人は困りますし、痛みの原因にもなります。

節や繊維の方向など、育った場所の環境によってちがいを持つ無垢材を扱うには、いつ切るのか、どこに使用するかなど、それぞれの個性を見極める目が必要です。

 

そこで無垢材を使った施工では、十分な知識と確かな技術を持った大工さんが、重要な役割を果たすことになります。

一方で無垢材を扱う能力は、短い期間に身につくものではなく、日本では無垢材を扱える大工さんは年々少なくなっています

うまく施工できなければ大きな割れや床鳴りを起こしてしまうため、大工さんのなかにも無垢材を敬遠する人が増えています。

 

そのような状況のなか、クリエイトホームでは一人でも多くの無垢材を扱える大工さんを育成したいと、研修会や勉強会なども積極的に行っています。

お客さまに安心して施工をお任せいただける会社であり続けるため、クリエイトホームでは信頼できる大工さんとの家づくりを大切にしています!

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.11.13

クリエイトホームの家づくりを支える無垢材のメリットとデメリット

こんにちは、クリエイトホームです(^^)/

 

前回、クリエイトホームの家づくりを支える“無垢材”は、どういったものなのかをお話ししました。

 

今日は無垢材のメリットとデメリットについて、考えてみたいと思います。

お家に無垢材を使うメリットは

【性能面】
・夏涼しく、冬あたたかい
・湿度を調整する
・ダニ、カビなどの細菌類に強い
・一般的に考えられているほどお手入れに手間はかからない

【体感】
・独特の肌触りと快適さ
・視覚的な心地よさ
・香り
・時間とともに深まる味わいと経年美

など、「木が好き」とおっしゃるお客さまにとっては、おなじみとなった特長が並びます。

反対に、無垢材を使うことのデメリットは

・曲がりや割れが発生することがある
・隙間ができることがある
・傷やシミがつく
・床鳴りがある、など。

これらをデメリットではなく、個性だと感じるお客さまもいらっしゃるのですが、家としては長く快適な状態であることが理想です。

そこで私たちクリエイトホームが大切にしてきたのは、可能なかぎり不具合の発生しにくい施工方法です。

 

無垢材の特徴や扱い方をよく知る大工さんを選び、家づくりのなかで、お客さまにも知識を身につけていただくことで、長く快適に住み続けていただけるよう、努力を重ねてきました。

今後も勉強会やブログ、SNSを通し、無垢材に対する私たちの思いを、お話ししていきたいと思っています!

 

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.11.8

クリエイトホームの家づくりのシンボル、無垢材とは? |漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^^)/

今日はクリエイトホームの家づくりにおけるシンボル、無垢材(むくざい)についてお話しします。

 

無垢材は、私たちにとっては馴染みのあるものですが、今回は、あらためてお客さまやスタッフ、大工さんたちと見直してみたいと思います。

まず無垢材とは、一本の原木から切り出した角材や板などをいいます。いくつもの木を接着剤でつなげた集成材と比べると、木の質感や風合いをより強く感じられます

 

最大の特長は、“調湿作用”。湿度の高い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して、室内の湿度を一定に保ちやすいところです。

また断熱性にも優れ、夏は涼しく、冬はあたたかい空間を作ります

現在、日本各地に残る古い建築物の多くは、この無垢材が使われています。

日本最古の木造建築部とされている法隆寺五重塔は、1400年ものあいだ、優れた耐久性によってその美しい姿を保ちつづけてきました。

私たちはこの無垢材の持つ性質に魅かれ、その性能を最大限まで引き出す技術を大切にしてきました

 

お客さまにも、この快適で心地よい無垢材を使ったお家で、家族との大切な時間を育んでいただきたいと思っています。

SNSやブログでも少しずつではありますが、今後も無垢材についてお伝えしていこうと考えています!

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.11.6

お客さまの声2~四国中央市O様邸~|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^-^)/

今日はクリエイトホームでお家を建てられた、四国中央市O様からいただいた感想をご紹介します!

【クリエイトホームを知ったきっかけ】
見学会ののぼりを見ることがよくあり、おしゃれだなーと思っていました。

【家を建てることになった決め手は?】
建物の雰囲気や、スタッフの方の対応を見ていて「良いな」と思ったからです。

【家づくりのなかで印象的だったことは?】 
顔合わせ式や上棟式など、イベントがたくさんあったこと。家族で参加する、+αの出来事がたくさんあったことが印象的です。

【設計・デザインについてはいかがでしたか?】
自分ではとても思いつかない、効率的な間取りを提案して下さいました。収納もしっかりとりつつ、希望していた広いリビングが叶いました。

【クリエイトホームへのメッセージ】
限られた坪数のなかで、本当に納得のいくお家を作っていただきました。狭さを感じることもなく、解放的な空間を提案してくださり、実際に住んだ感じも心地よいです。本当に質の良い素材で良いものを作っているんだなと感じます。

ローコスト住宅と迷いましたが、良いものをシンプルに取り入れた今のお家に大変満足しています。

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.10.23

自然を愉しむ 快適に暮らす『木楽里(きらり)』|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^-^)/

今回はクリエイトホームがご提供するお家から、“自然を愉しむ 快適に暮らす”『木楽里(きらり)』をご紹介します。

木楽里(きらり)の主な特徴
・羊毛断熱材
・天然の漆喰
・無垢の床とドア

アトピーやアレルギーなど、住む人の健康を配慮し、自然素材を使用しています

木楽里はクリエイトホームの自社オーダー設計となるシリーズで、創業以来、多くのお客さまに愛されてきました。

一方で自然素材にこだわりながらも、2020年の省エネ基準をクリアするなど、お客さまの経済的負担や環境への負担も軽減しています。

木楽里が自然素材を使用しても、快適な家づくりができるのは、素材の持つ本来の性質を深く理解し、最大限に発揮させる技術を持っているためです。

まず土台と柱には、国産ヒノキを使用しています。ヒノキには消臭・防ダニの効果があります。

シロアリ対策には、ヘルスコキュアーという木炭を主成分とした人と環境にやさしい防蟻・防腐剤を。

断熱材には自然素材のウールを使用したサーモウールを使用しています。この断熱材は、調質性・消臭性にも優れています。

そしてクリエイトホームの家づくりを語る上で欠かせないのが、漆喰の塗り壁です。木楽里では、内外装ともに断熱性・調湿性に優れた石灰石を主成分とする、天然漆喰を使用しています。

木楽里の家には、まだまだ魅力的な天然素材がたくさん使用されています。

家づくりははじめてというお客さまでも、お気軽にお問い合わせください!

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.10.16

建築家とつくる高性能な空間『R+(アールプラス)』|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^-^)/

今回はクリエイトホームがご提供するお家から、“建築家とつくる高性能な空間”の『R+(アールプラス)』をご紹介します。

R+(アールプラス)の主な特徴
・基礎断熱
・硬質発泡ウレタン断熱材
・第一種換気設備搭載

気密性・断熱性にすぐれたR+は、省エネ効果が高く、エネルギーを生み出す性能も備えたZEH(ゼロ・エネルギーハウス)にも対応しています。

基礎・壁・窓・天井・屋根といった外気と触れるすべての場所で、高い性能を持つ設備や断熱材を、確かな技術を持った職人さんが施工することでそれぞれの効果を引き出します。

また、R+は性能の高さに加え、デザイン性も高いのが特徴です。

アトリエ建築家によるスタイリッシュなデザインをはじめ、お客さまの要望を反映しつつ、スマートな家づくりができるのもこのシリーズの持ち味です。

使い勝手や動線、先々の変化を考慮した家づくりも実現します。

「夏は涼しく、冬は快適に過ごしたい」。R+では、誰もが家づくりに抱く想いをカタチにできるよう、ベースとなる性能をご用意しています。

快適さにおいては、高い基準から家づくりをスタートできるR+。詳しくはクリエイトホームまでお問合せください

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.10.11

快適な住空間を確保する、クリエイトホームの高断熱|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです(^-^)/

前回はクリエイトホームの家づくりにおける気密性のお話をしました。今回は気密性とは常にセットで考えることが必要な、“断熱性”についてお話しします。

クリエイトホームでは、断熱効果の高いサッシと断熱材を使い、お家の高い断熱性能を確保しています。

窓は全棟に外側と内側両方が樹脂製のYKK、APW330というサッシを使用しています。室内との温度差が大きくなりやすいアルミと違い、内側を樹脂にすることで結露を軽減できる、高性能なサッシです。

また、窓ガラスには遮熱Low-Eガラスを使用し、ここでも外気の暑さや冷たさを遮断しています。

断熱材は基礎断熱と屋根断熱を行い、屋根と天井、基礎と床の二段階で室内の空気を外気に触れにくくしています。

天井や壁、床にはそれぞれに適した断熱材を、家の性能を最大限に引き出せる厚さを計算して使用しています。

次々に新しい商品が出て、より高い性能が強調される昨今ではありますが、私たちは最適な素材を見きわめ、家全体の性能を作り出すことを目標にしています。

夏の暑さや冬の寒さは遮断し、冷暖房で快適に保った空気は逃さない。クリエイトホームは気密性と断熱性を備えた家づくりのご提案もしています!

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.10.9

快適を守る、クリエイトホームの高気密|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは、クリエイトホームです!

お家について話をするとき、よく登場する“高気密・高断熱”という性能は、どのように守られているかご存知ですか?

気密性は法律で決められた基準値があるものの、施工方法や測定の回数は会社によって様々です。

そこで今回は、クリエイトホームの“高気密”な家づくりをご紹介します♪

まず気密性は、C値と呼ばれる“住宅における相当隙間面積”で表されます。測定は実際に施工されたお家の中で専門の測定器を使って行われます。

このC値は小さいほどよいとされ、クリエイトホームでは平均0.2㎠/㎠前後、最高では0.1㎠/㎠を記録しています。

また、多くのハウスメーカーが施工完了後に1度C値を測定するのに対し、クリエイトホームでは中間検査として、施工中にも測定を行なっています。

中間検査でC値が十分でないと判断された場合は、室内のどこから空気が漏れているかを確認して調整していきます。

お家は気密性を高めることで、夏は涼しく冬は暖かい環境を維持しやすくなり、電気代も抑えられます

次回は高気密とは切り離せない“高断熱”について、お話します(^-^)/

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.10.4

クリエイトホームがこだわるちょっとおしゃれな内装|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは(^^)/ クリエイトホームです。

前回はクリエイトホームがつくるお家の、和モダン・カントリー・スタイリッシュ、3つのスタイルをご紹介しました。

今回は、内装についてお話しします

クリエイトホームの施工住宅は、完全オーダーメイド。お客さまのこだわりを、内装にも最大限取り入れてデザインしています。

家具や設備は、お客さまのこだわりにあった、家具メーカーやショップをご紹介するだけではなく、部屋の雰囲気にあったものを、造作することもありました。

おかげをもちまして、OBさまのお住まいをご覧になった新しいお施主さまからは、「ぜひうちでも」とのご要望が増えています。

また照明については、Webサイトやカタログをご覧になったお客さまから、よく「誰が提案してくれるの?」とのご質問があります。

照明については、内装にあうものをインテリアコーディネーターがご提案しています。

外観や内装のおおまかなイメージはあっても、細かな部分までは、イメージがないお客さまがほとんどです。

細かな点は、打ち合わせの際にその都度ご相談して決めています。

気になることがあれば、打ち合わせの途中でも、お気軽にご質問ください(^_^)

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.9.25

クリエイトホームで建てる無垢の家|漆喰・無垢材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

こんにちは(^^)ノ クリエイトホームです。

これまではお客さまの施工事例の写真などを中心に、クリエイトホームの紹介をしてきました。

 

今回は、「面倒だ」といわれる無垢床のアフターケアについてご説明します。

冬はあたたかく、夏はさらりとした肌触りの無垢床。誰もが魅力を感じる素材ではあるものの、お手入れが大変だと思われがちです。

 

一方でクリエイトホームでは全棟無垢床を使った家づくりをしています。

 

無垢材は気温や湿度によって変化しやすい素材ですが、技術力のある職人さんによる施工であれば、問題が起こることはありません。お手入れも水ぶき程度の簡単なもので十分です♪

もちろん、無垢材ですので傷やへこみはありますが、ペーパーなどでメンテナンスも簡単です。メンテナンス方法は、施工後の定期点検の際にしっかりとご説明しています。

 

せっかくお客さまが建てられたお家だから、暮らしはじめてもご自身でお手入れし、長く大切にしていただきたい」との星川の思いから、漆喰などのメンテナンスもご案内しています。

 

無垢材のお手入れについてのご質問があれば、いつでもお気軽にお問い合わせください(*^^*)

category : クリエイトホームのこだわり | posted at 2018.9.18
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ブログ内検索

一生を共にする家だから、私たちもお客様と一生を共に

無料相談会のご予約、クリエイトホームヘのお問合せ・資料請求はこちら

家づくりを通じて、家族のキズナを育み、家とともに幸せな家庭生活を築いてほしい。それが私たちの願いです。
クリエイトホームでは、家づくりを通して、家族のあり方を
お客さまと共に考える企業でありたいと考えています。

ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい

0120-498-488

営業時間 9:00〜18:00(水曜定休)

ページトップヘ