BLOGブログ

2022.01.09

木についての基本知識

最近、他社さん訪問させていただく機会があり

その際に「木」について

色々学ばせていただいたので

今回は「木」の基本的な知識を

簡単に説明させていただきます。

まず、木は大きく分けて2種類に分けられます。

 

●広葉樹

広葉樹(こうようじゅ、闊葉樹〈かつようじゅ〉ともいう)とは

葉が広く平たいサクラやケヤキ、ブナなどの被子植物に属す木のことです。

比較的硬い木なので、主に造作の家具に使われています。

 

●針葉樹

針葉樹は、葉が針のように細長く堅い葉をつけるマツやスギなどの

裸子植物球果植物門の樹木のことです。

比較的軟らかい木です。

 

クリエイトホームでは、土台や柱には国産桧。

梁には、粘りがあり特に圧縮力に強い米松を使用しております。

次に、

一本の木からどのように材料が取れるかをご紹介します。

ザクっとわかりやすい画像があったので、お借りしました。

 

●芯材

丸太で言うと真ん中の他よりも色が赤い、濃い部分です。

 

●柱

写真で言う、中心の角材が柱になる部分です。

「芯持ち材」といわれ木の芯が入っている部分のことです。

主に、柱や土台に使っています。

強度が強く、反りや曲がり等が少ない部分です。

また、虫がつきずらい、腐りにくい特徴があります。

 

●辺材

丸太で言う、色が白い、周りの部分です。

 

敷居や鴨居、間柱等々

色々な部分で使われる材料になります。

 

木目が綺麗に取れる部分は化粧材として

使用されることも多いです。

先日、リノベーション工事をしたT様邸。

既存に色合わせをするため、塗装している部分もありますが

こういう所で使われます。

そのほかには、こう言う部分。

筋交いや間柱として使われています。

 

長くなってしまったので

今回はここまで!

 

木にも種類があって、丸太から材料を取る時にも

強度や、化粧を考えてお家に使われていることが

伝われば幸いです。。、

設計 青木

カテゴリー

アーカイブ

無料相談会のご予約、クリエイトホームヘの
お問合せ・資料請求はこちら

家づくりを通じて、家族のキズナを育み、家とともに幸せな家庭生活を築いてほしい。それが私たちの願いです。
クリエイトホームでは、家づくりを通して、家族のあり方を お客さまと共に考える企業でありたいと考えています。

ご不明な点はお気軽にお問合わせ下さい

TEL0120-498-488

営業時間 9:00〜18:00(水曜定休)