Interviews

クリエイト伸の人たち

青木 貴史

青木 貴史

設計・施工管理

現場に行って工事の内容を確認したり、大工さんや職人さんに指示を出して工程を進める現場管理と、家を着工するための確認申請や職人さんが作業をするための施工図作成をしています。また、コーディネートを行うこともあります。

  • クリエイト伸を知ったきっかけはなんですか?

    社長の嘘のない発言に惹かれました

    クリエイト伸には新卒で入社したのですが、大学在学時からずっと住宅の仕事をしたいと思っていました。また、ハウスメーカーのような画一的な家ではなく、オーダーメイドの家づくりをしている会社で働きたいと思っていました。地域の設計事務所や工務店さんの話を聞きましたが、代表やスタッフさんの発言と施工事例や工事現場のギャップを感じることが多かったです。しかし、星川はつくっている家と発言にズレがなく、「瀬戸内で一番いい家をつくる」という熱意に嘘がないと思い、入社を決めました。

  • クリエイト伸で働く魅力はなんですか?

    早い時期から仕事を任せてもらえるチャンスが多いです

    様々なことを任せてもらえる機会が多いことが魅力だと思います。私は部署は設計ですが、現場監督の仕事もしますし、コーディネートもします。「これだけをしなさい」という決まりがないので、本人が望めば家づくりの全てをやらせてもらえます。またお客様との距離が近いことも魅力だと思います。大きな会社だとお客様の顔が見えないというケースも多いと聞きます。クリエイト伸では「〇〇様の家をつくっている」というのはスタッフ全員が知っていますし、打ち合わせ中はもちろんですが、引き渡し後も家族のような距離感で接してくれるお客様がほとんどなので、心から「いい家をつくろう」という気持ちになります。

  • 今後チャレンジしたいことはなんですか?

    家づくりの全てがわかる人材になりたい

    クリエイト伸の中ではだいぶ古株になってきました。今後は、設計や施工管理だけでなく、土地やローンのことも話せる人材として成長していきたいと考えています。業者さんや職人さん、大工さんと共通言語で話せることも大事ですが、お金や土地探しの面でお客様を引っ張っていける設計士になりたいと考えています。また、後輩をどんどん育てていきたいです。これまでは社長や先輩方に「与えられる」存在でしたが、これからは「与える」存在に変わっていきたいと思います。多くの人にクリエイト伸の家づくりのノウハウを伝えていきたいです。

Movieインタビュー動画

瀬戸内でいい家をつくる
プロフェッショナルを目指そう
LET’S ENTRY