スタッフブログ
STAFF BLOG
スタッフの家づくり日誌

けいぽんの日当たり良好 – 社長ブログ

度肝を抜かれて苦節12年目の達成。

先日のアメリカ視察旅行。

シカゴからピッツバーグへ国内線の飛行機で移動。

この飛行機移動トランジット(乗り継ぎ)がホント雑で三時間遅れを待たされるとか楽勝。

しかも、さも当たり前のよう。日本ではとんでも有り得ません。

 

しかし、超。超有名なフランクロイドライトの代表作である『落水荘』!!

建築士試験で出た時から度肝を抜かれて、いつか行ってやろうと思って苦節12年。

 

ようやく訪れることのできた落水荘はやっぱり凄い!!

何が凄いって大自然の中、めちゃめちゃデカイ岩の上に建ってるんです。しかも滝付き。

 

室内にも岩が取り込まれている部分もあるのですが、画期的なのは夏の暑い日に地窓を開けると下の川からの風が室内に取り込まれます。

 

 

石と鉄の構造体に木のアクセントがカッコイイ。

 

 

 

 

 

石に付いているスイッチプレートの錆び具合も何とも言えない雰囲気でオシャレに見えます。

 

 

 

石と鉄の組み合わせ。

細かい所もしっかり撮影してきましたのでクリエイトでつくるお家の何かしらに活かせていきたいと思います!

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.22

1年間皆んなでコツコツ貯めた100万円。この日1日で還元します第10回おかげさま感謝祭。

昨年はいい歳したおっさんが年甲斐もなく、張り切って全力。

 

 

で、子供らにやられて撃破。

 

そうそう。お祭りも終わり一気に年末まで進みそうな勢いなのですが、忘れてならないのは年末の大掃除とクリエイトの感謝祭。ついにやってきました【第10回おかげさま感謝祭】!!

 

 

 

 

恒例の餅つきに子供達は超真剣な射的も、勿論ございます。

 

 

近頃ブームを呼んでます大工さんによる『エアーブラシ』アート!ファンタスティック!!

 

 

昨年大人気だった(僕に)カレーや今年から導入される洋食焼など職方さんたちの料理のみならず、焼き鳥『善ちゃん』や『GBC』さん、その他のお店の方々もご出店くださいます。

 

 

 

 

そして、何よりというか、多分これがメインなのですが、外れて大泣きするのが子供。悔しがるのが大人。それだけ白熱する大人気の『ビンゴ大会』。

 

ビンゴの景品、設営、レンタル、飲食物の半額負担、人件費はもちろん全員ボランティア。会社と業者会にて総勢100人近くで1年間コツコツ積立てきました総額100万円。この感謝祭にて還元させて頂きます!

お天気も心配されますが、雨天でももちろん開催。駐車場からは少し歩きますが、近くに駐車場200台分お借りしております。スタッフや職方さんが道路の横断や駐車場の案内にスタンバイしておりますので、ご安心ください。

 

ではでは、今年も皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしております!

私たちも楽しみながら頑張ります。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.20

営業が良くても、設計が良くても、『家の品質』は大工さんで決まります。

『大工さんと一級建築士が考えた漆喰とガルバの家』満員御礼どころか定員オーバーのご来場ご予約を賜りありがとうございました!

 

パッと見は平屋に見えてしまうこちらのお家。実は奥にはガレージも搭載された二階建てのお家です。

勿論、平屋でも暮らせる間取りではありますが、お施主様のこだわりの一つがガルバの横葺きのこちらの大屋根。

 

道が分かりにくい方のために、ご予約のお時間にはこんな感じで、あるお客様ご家族に言わせるとウォーリーっぽい石原がお待ち申し上げております。

 

 

和室もアクセントクロスが渋くてオシャレ。

 

 

アクセントの部分のスイッチプレートも。

 

 

 

日曜日は吉岡棟梁も現場がお休みだったので朝から見学会場でお客様に我が家のご説明。

を通り越してほぼ自慢話(笑。

 

 

先週ご出産されたばかりのお客様も『大工さんの家が見れる機会はない!』と赤ちゃんを連れて駆けつけてくださいました。

 

吉岡棟梁が今まで大工工事で入らせて頂いた OB様も『お世話になった吉岡棟梁の家だから』と何組様もご来場くださいました。

中にはお花までくださったお客様も。

これには吉岡棟梁の奥様も大喜び。

 

 

いくら営業がいい感じでも、設計図がカッコよくても。

四季折々で天候の変わる現場で造るのが『家』。

その工事の大半を担うのが『大工さん』。

家の品質は大工さんで決まります。

どこまでいってもこの世界は技術がないと職人さんたちは言うことを聞いてくれません。

その大工衆の筆頭をする吉岡さんのお話は、家を担う造り手の代表である大工さんのお話なので、聞くお客様皆様が新鮮で感動されておられました。

中にはご自身が家を建てる時に大工工事に入って欲しいとご指名のご予約をされておられたお客様もいらっしゃいました。

 

玄関に入るとドーンとガラスにオシャレな家紋がお出迎え。

今回は混雑が予想されましたので、四国中央市限定とさせて頂いておりました。

しかしすぐにご予約が満員となり、泣く泣くご予約をお断りさせて頂いたお客様のためにも、お施主様のご厚意により、もう一度見学会を開催させて頂きます。

 

 

来たる11月30日(土曜日)・12月1日(日曜日

 

 

正真正銘、これが最後。

なぜならお施主様がお引き渡し日を伸ばしてくださって行える見学会で、12月3日にはお渡しになるからなのです。

今回、お問い合わせ頂いたにも関わらず、ご予約の取れなかった方を優先的に、どうぞ見逃してしまった方、タイミングが合わなかった方、初めて見知った方、

『大工さんが造った大工さんの家』を見る機会は一生のうちに一度あるかのチャンス。

是非、ご予約してご覧になられて体感してみてください。

勿論、お家にお伺いするようなしつこい営業等はございませんので、どうぞご安心ください。

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.19

『大工さんと一級建築士がつくった大工さんの家』事前見学会レポート。

来たる11月16日・17日の二日間限定の『大工さんと一級建築士がつくった大工さんの家』の見学会。

すでに午前中はどちらともご予約が満杯でご迷惑をおかけしております。

両日とも午後に若干の空きがございますので、ご予約はどうぞお早めにお願い致します。

公開前の事前レポートです!

 

黒くてカッコいいガルバリウム鋼板の外壁とクリエイトと言えば白の漆喰の塗り壁。

そしてアクセントが効いているレッドシダーの板張り。

このコントラストが堪らなくカッコいい!と自画自賛。「まぁ綺麗な大きい屋根」と巷で噂されるドーンとした見るも美しい大屋根は直接ご覧になって頂きたいので割愛します。

 

室内に入っても白いクロスにレッドシダーが映えます。

そしてこれまたブラックのシーリングファンが効いてますね〜。

今回は品のあるスタイリッシュなテイストです。

 

 

床材はオークの120幅(一般的に木は幅が広い方が価値が高い)オスモクリア仕上げ。

 

 

テレビカウンターとアクセントウォール。アクセントにはブラックのエコカラットをチョイス。

エコカラットのリンクです。

https://ecocarat.jp/concept/?gclsrc=aw.ds&&gclid=EAIaIQobChMIzu7XsvLk5QIVCHZgCh0UggnUEAAYASAAEgJIgPD_BwE

 

 

 

カッコいいなーと思いきや。おやおや?トイレのオシャレな手洗いに何やら足跡が。。。

 

 

何やらドアにも小さな入口が。ペットでもいるのだろうか。

 

 

何なら陽当たりの良い南側の大きなサッシ前には日向ぼっこでも出来そうなカウンターが。

 

 

いやいやいや、家の中にまた家の輪郭の部屋!?一体、誰が暮らすのだろうか。

 

 

まさか、コイツが動き出すとか?

 

 

もしやキッチンをアピールしている天然まっしぐらの新人高岡なのか!?誰が暮らすのか?それはご来場されてからのお楽しみという事で。

※洗う振りでお水は出しておりません。

 

 

大工さん造作の食器や炊飯器、電子レンジをバッチリ収納できるカップボードのご紹介。

 

 

 

 

 

設計時に奥様必須事項のスロップシンク。シューズや雑巾を洗うのにとっても便利!らしい。

 

 

 

 

キッチンへ戻ると竣工検査後、私めの妻ことマネージャーにチェックの仕方が甘いと厳しく指導されてました。が怒られても高岡はめげません。

 

 

 

検査後、私めは大工さんが楽しみにしている「家の中に箱庭」の最後の仕上げ。

 

 

 

玄関に入ると明かりとりになり、箱庭としても楽しめるようちょっと風情ある仕掛けをつくってます。

またガラスに家紋のサンドブラストが微妙にオシャレ。

 

 

そんなこんなで大工さんやご家族の想いと手づくり感がいっぱいの家。

画像ではお伝えしきれない感動は完成見学会にて是非、ご体感くださいませ。

 

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.13

階段手すりのディティールがカッコイイ。

アメリカ視察シカゴ二日目は、今回の旅の目玉である巨匠フランクロイドライトの自邸や仕事場のあるオークパーク。

説明の上手なサイトを貼り付けておきます(汗

https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/promotions/usaana/features/chicago/vol06/

 

 

正面の鉄の扉は防火用。今はデータ管理しておりますが昔は書いた図面は全て紙。紙は当然、火に弱い。

燃えてしまったら全てを失うって事で図面を保管していた倉庫だそうです。

鉄の扉もただの板に見えるテーブルも照明も何かしらオシャレ。

 

 

 

階段の手すりのディティールがカッコいい!

 

 

この椅子はフランクロイドライトがデザインしたとか。

写真では伝わらない何とも言えない雰囲気とひしひしと伝わる歴史観がとても印象に残ってます。

しかしロイドさん、私生活は割りかし破天荒(特に女性関係)な方だったらしいです。。

 

 

自邸の通りにロイドが設計した家が数軒あり、歩いて散策。

しかし一般の方(と言ってもお金持ち)が住まわれているので敷地内には入れません。

 

 

夜には名前は忘れましが、とんでもない高いビルに登りシカゴの夜景にどっぷり1時間以上のめり込みました。

街の明かりで空が明るい。都市のレベルが全く違う。

 

ガイドさんが言っておられましたが、画像の左側は海かと思えてしまうのですが、小学校の頃、社会で習った五大湖の一つミシガン湖。

琵琶湖の86倍で四国・吸収がスッポリ入ってしまうんだとか。。。

まさにビックアメリカ。

風景にしろ何にしろ日本で暮らしてきた私にとっては価値観や考え方にガツンときました。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.5

大人気の平屋の家OB様宅の見学会

今回もOB様のご協力を得て大人気の平屋バージョン。

『暮らして2年目平屋の家の見学会』を開催させて頂きました。

今回はこちらのビシッとした和モダンのお家です。

 

室内はウォールナット(胡桃)の床でアクセントウォールのレッドシダーも効いてシックでモダンな仕上げりとなっており訪れる方々に大絶賛。

 

しかし一番のポイントは実際に建てて暮らされておられる奥様のトーク。

私たちもプランニングや知識としてキッチン廻りをご説明したりしますが、毎日お使いになられている奥様には到底、敵いません。

 

細いところで言いますと、あらかじめ購入予定だったダイソンの掃除機のための収納の内部にコンセントなど、実際に使用されておられるので私どもが申し上げるよりリアリティがございます。

まさに主婦も頷く家づくりのポイントを惜しげも無く大公開。

 

そして私たちも驚いたのがお施主様お手製のPOP。

 

これからのお客様へ向けて、ご自身たちの家づくりで得た経験をお伝えくださっておりました。

 

『自然素材に囲まれて暮らす家』なんて本当、嬉しくて有難い限りです。

 

ご家族の想いが形になる第一歩は1枚のスケッチから始まりました。

 

20年近くアパート暮らし。ご両親はずっとお嬢さんに部屋を与えてあげたい。と10年前からクリエイトの見学会へ来てくださっていました。

 

今回好評だった廊下への明かり地窓。

息子も小さい頃からお施主様を知っており、懇意にもさせて頂いていましたので『僕も何か手伝いたい』と一緒にガラスを仕込みました。

 

ご主人こだわりのリビング⇄ウッドデッキ⇄サンルームのぐるぐる回れる開放感ある間取り。

完成した時には現場監督と一緒に本当にグルグル。

 

 

『子供のために』という親心から始まった家づくり。

色々な事情から少し時間はかかったけれど、ご家族と私たち造り手と一緒に『家族の物語を、建てる』というコンセプト通り、自画自賛ですがいい家が完成しました。

 

 

お嬢さんも最後2年間はこのお家で過ごせて、念願の自分の部屋も手に入れました。

今は県外に出られておられますが、いずれお孫さんを連れて帰って来れる『自分の家』になってくれたらいいなと思います。

 

なかなか片付け等、お施主様が大変な部分もございまして2ヶ月に1度程度のペースでの開催が精一杯ではございますがOB様見学会にてご自身の家を熱く語ってくださるお客様に惚れ惚れして感謝しております。

ご協力くださいましたOB様、これからご協力予定のお客様、ご来場の皆様、この度も大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

 

 

そして次回の見学会は

『大工さんと一級建築士が考え抜いた漆喰とガルバの家』完成見学会が11月16日(土)17日(日)の2日間四国中央市妻鳥町にて開催です!

クリエイトの自社大工でもある大工歴48年のベテラン大工さんのご自宅がついに完成しました。

詳細は下記をご覧ください。

https://bit.ly/2PKiWUU

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.4

建築士の試験で見た事あるファンズワース邸。

年に一度の海外建築ツアーへの参加。

今年はアメリカはミネアポリス・シカゴ・ピッツバーグ・ニューヨークの強行軍。

シカゴの摩天楼近くの大自然の中に佇むファンズワース邸。日本では考えられないような建物。さすがはアメリカ鉄骨でドンっと持ち上がってます。

 

 

全面ガラス貼りで自然の中で暮らしている錯覚を起こしてしまうとても幻想的な建築物。

詳しく知りたい方は参考になるブログがありましたので貼り付けておきます。

http://america-seikatsu.com/america-trip/chicago/farnsworth/

 

 

ブログにも紹介されているように通常は室内の撮影は禁止。しかしこの日は同行してくださったベテラン添乗員さんのお力添えで何と撮り放題。

 

これで数十年前の建物とは思えないセンス。室内を歩いていても家の中なのか外なのかたまに分からなくなりました。

 

 

全面ガラス貼りの日本でいう借景(風景を借りる)イメージでした。ただ性能で言えば最高に夏は暑く、冬は激寒い。シカゴはマイナス20度な時もあるとか。

温熱環境の部分は別として五感に刺激を与えてくれる探訪になりました。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.11.1

必見『鉄筋コンクリートの家リノベーション見学会‼︎』です。

今週末、10月26(土)27(日)

に開催されます【鉄筋コンクリートの家リノベーション見学会】

リノベーションとは?まだなかなか聞きなれない言葉かと思います。

普通のリフォームとは違うんですって所で『リノベーション』

『リノベ』という言葉を流行らしてゆこうと狙ってます(笑

 

生活に不満や不便さからストレスがたまったりして、家をなんとかしようと思い始めるきっかけは、

❶暑い

❷寒い

❸結露

がベスト3。

その他、段差がキツくなってきた。キッチンが使いにくい。狭い等もございます。

あとは、お客様ご自身が目でみて確認できるような、コンクリートが割れてきた!?地震がきても大丈夫だろうか?雨漏りや漏水の心配はないだろうか?といったご不安がきっかけになる場合が多いです。

 

画像はコンクリート特有の『爆裂』という現象です。

他社様の参考リンクを貼り付けておきます。

https://www.tosoushokunin.jp/rekka_hosyu/rc_bakuretsu/

 

 

 

 

様々なお客様のご不安やご不満から改善したいというご要望やご依頼を受けて先ず、現地調査を行います。(複数回行います)初回はおおよその見積金額を算出するためです。

 

外側からでは確認できない場合、点検口がない場合は畳の下の座板を少し剥がさせていただいたりします。なぜなら予想外のことが起きる可能性が高いからです。

 

 

こちらのお家の場合は想定より床下の土が盛り上がっていていました。この深さだと床下点検もできないし、そもそも土なので湿気もバリバリ。木材等が腐ってしまっても致し方ないです。※昔の家はこの構造が普通です。

 

 

こちらのケースの場合は床下の湿度がなんと60%以上!座板である合板はボロボロ。

 

 

 

できうる限りの調査を経て対策を検討し、プランやお見積りと検討方法がお客様のご納得がいかれた上で工事を始めます。当然、先ずは解体工事です。

 

 

 

先ずリフォームとリノベーションの大きな違いの一つに床下のコンクリート土間工事があります。リフォームなら床の木材だけを新しくします。しかしながら根本的な原因を解決しないとまた何年後かに同じ現象が起こります。

防湿フィルムを敷いて地面からの湿度を防ぎます。その上からコンクリートを打設します。鉄筋の場合は防湿程度の厚みで大丈夫な場合が多いですが、木造の場合はできるだけ厚みを確保し補強的な意味もございます。

 

 

ちなみに木造の場合、柱が足らなかったり、弱かったりあるべき構造物がなかったり腐っていたり。ご予算も踏まえて最善のできる限りの補強をします。

 

 

サッシは一般的になってきましたが、暑い寒いの原因の半分以上は窓。窓が熱の行き来きが一番多い。もしご予算が少なくて暑さ寒さを解決したいなと思えば『窓』を工事するのが効果的と言われています。

 

 

コンクリートの場合、サッシを入れ替えたりするに当たって外壁を壊してやり直すと費用も期間もかかりますし、見た目も悪い。そこで『カバー工法』という方法を採用しています。

 

こちらのリンクを貼り付けておきます。

https://www.ykkap.co.jp/products/reform/madoremo/pvc_alumi/merit/

 

 

 

コンクリート住宅は基本的に無断熱ですので壁にも天井断熱を施します。

 

 

その上で大工さんや職人さんたちが仕上げてゆきます。デザインや素材等、お洒落にしたりシンプルにカッコよく決めたり。ここら辺りからは普通のリフォームと同じです。

 

 

漆喰を塗るのもよし。しかし下地がしっかりしていないと、いくら仕上げで綺麗にしようとしても難しいです。

 

 

手間暇がかかりますがそこまでして出来上がった完成度の高い建物はものづくりの仕事の醍醐味。中には以前から使用されていた欄間を敢えて組み込んだり。それでお客様が喜んでくださると造り手冥利につきます。

 

シンプルナチュラルにガラッと変えてみたり。元からガッツリ変えると気分も変わるし、生活習慣も変わりますよね。

 

 

星川工務店と屋号をつけたのは、いずれリノベーション専門店としていきたいからです。私自身は新築もリノベーションもリフォームも全部一緒で同じ価値なのですが、働き手からすると複雑極まりない。そしてお客様にもわかりづらい。

そういった将来のビジョンも含めてクリエイト伸のリノベーション事業部として発足させた次第です。

 

長くなりましたが、

クリエイト伸のリノベーション事業部星川工務店の秘訣が分かる

今週末、10月26(土)27(日)

に開催されます【鉄筋コンクリートの家リノベーション見学会】

場所の関係とすでにお暮らしのお家ですので、

予約制になりますが、必見の価値ありです。

是非ご覧くださいませ、お待ちしております!!

 

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.10.21

これからの時代にその名もV2H。

高松の三菱さんにて勉強会を開催して頂きました。

 

中でもこれから必要になってくるであろうその名も『V2H』

簡単に申しますと現在の蓄電池は5kw程度。

四人家族が1日に必要とするのが約14kwの電気量。

蓄電池では家1軒を賄えるほどはなく、被災した折に大丈夫なのは一部屋程度という事になります。

V2Hは車を蓄電池に使用できる代物で日産のリーフが現在の所は一番容量が大きく20〜60kw。

車に充電したり車から放電したりする装置です。

今後はこういった設備も増えてくるかと思います。

 

 

あと三菱さんと言えばエコキュートの『お掃除バブル』実際に内部は見たことはなかったので大変良い機会になりました。

配管をものすごい泡で綺麗に掃除してくれる便利機能。

今後はエコキュートの標準仕様を価格は据え置きにて三菱製のお掃除バブル付きを標準仕様にしていく予定です。

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.10.15

お客様に有利、住宅会社は命取り。

実践現場塾。

来年の民法改正が物議を呼んでいる建築業界。

『契約不履行』というお客様にとっては非常に有利、きちんとしていない住宅会社や工務店にとっては命取りの法律が施工されます。

自社検査をしている工務店の割合=5%

厳密な検査に基づく法令違反の家=95%

が今の日本の現状のようです。

 

そんな中、我が社は更に磨きをかけるためにホームインスペクターとして有名な市村先生が塾長の実践現場塾に参加しております。

ホームインスペクター、市村先生のサイトは以下です。

https://e-home-inspector.com

 

昨年、弊社の現場を調査インスペクションして頂き、優良工務店として書籍にも掲載した頂きました。

参考までにリンクを貼ります。欲しい!と思われる方は会社に数冊ございますのでスタッフまで。

https://www.amazon.co.jp/dp/4331522008

コンクリートを流し込むと見えなくなる鉄筋工事や、耐震面材も釘の打ち方一つで耐震性能を損なってしまう等々。

お客様は通常知り得ないことが多いのですが、出来ていないお家が多いのも事実。これからはホームインスペクターと言ってお客様の代わりにお家を調べる職業が増えてくると言われてます。

構造や現場など、お家を建てる前のお客様はなかなかご興味を持てないのも事実ではございますが、10年、20年と暮らす中で家の寿命にも関わってきますし、万が一にも被災した時には歴然と差が出てきます。

これからも我々は、

1に建築基準法を守った工事。

2に丁寧な施工。

3に綺麗な現場。

を心がけて参ります。

 

ご興味がございましたら工事現場へご案内可能です。

この日は私がご案内したのですが、スリッパが足らずご迷惑をおかけしてしまいました。が、大工さんが仕上げの養生や掃除を丁寧にしてくれていたので、靴下でも大丈夫だったのが幸いです。

はい、以後は気をつけます。。。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.10.11

古き良き昭和の時代が蘇る。

『新築された方が宜しいのでは??』

『いや〜、自分この感じが好きなんで』

と始まった由緒正きお家の古民家リノベーション工事。

設計、コーディネート打合わせ完了後の打合わせ最終現場確認。

リノベの場合、なかなか図面だけでは分かりづらいので、

現場で図面と照合をとります。

 

お庭には高岡の2.5倍ほどの立派な灯篭も完備。

 

完成後に明かりが灯れば、古き良き昭和の時代が蘇る。

そんな情緒豊かな古民家リノベレポートでした。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.9.23

家づくりにおいて絶対、忘れてはならない事。

10年前に建築くださったOB様と食事。

その食事も東京は品川にて。

 

実は今年からお仕事の都合で東京に転勤。

自宅はお父様が面倒を見つつ、2週間に一度は帰省されてます。

私の出張に合わせて時間をとってくださり、

品川駅近辺にて。

『マンション暮らしになって、我が家の有り難みがものすごく分かるようになったんよ。2週間に1度、家に帰るのが楽しみなんです』

奥様から頂いたお言葉。

今から比べるとお家の性能も、その他の取り組みも全く段違い。

当時、今の実力があったら・・・と申し訳ない気持ちでいたら、

『当時も、いい家をつくりたいという一生懸命な気持ちは伝わってましたよ』

『今みたいに言葉や画像とか上手ではなくても』

と、言っていただけてこっそり涙が出ました。

デザインも、性能も、施工品質も、アフターサービスも、

家を建てるにあたり、大切な事は多いです。

しかし、家づくりにおいて絶対忘れてはならない大切な事は、

『ご家族の想い』だと改めて教えて頂けた食事会になりました。

 

ちょうど10年前。狭い事務所でご契約シーン。

S様も若いが、私も若い。この頃のポテンシャルに戻りたい。。。

S様、いつもありがとうございます!

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.9.13

参考になるかどうかの自宅BBQ。

我が家は実のところ、なんちゃってアウトドア家族です。

キャンプも年に一度お盆休みに行ってます。しかし、今年と昨年が雨のため中止に。

そんな時は自宅でBBQ!

僕や子供達は大喜び。片付けが嫌なのかいつも浮かない感じの妻ひとり。それはそれでおいといて。

外で食べるとやっぱ何かしら美味しい。

 

家のプランの折、ウッドデッキやBBQというご要望も多い中、稀に人目がきになるお客様も当然、おられます。

そんな時は目隠し板塀やルーバーフェンスなどを設置します。

参考になるかどうか分かりかねますが、我が家の場合は道路に晒されてます。

何なら交通量の多い旧道沿い(自宅をご存知の方も多いと思いますが・・・)

我が家の場合は気にならないのですが、もし気になる場合は設計打合わせの時にお申し付けください。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.9.10

お家を生涯お守りするための未来投資。

弊社では新卒採用と育成を行っています。技術系と職人系、進む道はそれぞれですが、30年後、40年後も私の寿命が尽きた後もクリエイトホームのお客様の家を守り続ける人財が必要だからです。

新卒7期生(2020年入社予定)と新卒採用と人材育成に力を入れておられる広島県の住宅会社さんへ内定者研修の一巻でお邪魔させて頂きました。そこでは入社1年目の方々から現場を案内して頂いたり、将来の夢を語ってもらったりと様々な刺激を与えて頂きました。

 

その翌日には夏のインターンシップ(大学、専門学校の生徒さんの職場体験のようなもの)にアドバイザーとして参加しました。

そこでは先輩として学生さんたちにアドバイスをしながら運営して行くのですが後輩に関わるという意味での内定者の課題です。

 

私も43歳。今年お家を立てられる方の住宅ローンが完了するのは35年。私が78歳になった時です。では来年、再来年のお客様のお家は誰が守って行くのか?

採用難の時代ではありますし、人材の育成には数多の課題と時間がかかります。しかし未来の事を今からコツコツと積み上げないと、建築技術と人材はインスタントでは到底、追いつきません。

新人が私や上司の同席でお客様の連絡や渉外交渉にてアシスタントを担当させて頂きますが、私や上司の管理の元にさせて頂いておりますので、将来を担う人財への未来投資だと思って色々と投げかけて頂ければ成長にもなりますので有難い限りです。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.8.28

お盆に欠かせないこと。

 

お盆休み、会社の様子を見に行くと洗車された

車両たちが整列。

自分が不在や直接やらなくとも、ここまでして

くれるようになってくれて非常にありがたいです。

なぜなら会社内で出来る事しかお客様にも

工事現場でも出来ないからです。

 

実家にお仏壇をお参りに行くと、小さいながらもどうしても

中庭が欲しかった父が何やらカスタマイズ。

水鉢に入っていっている鉄製の反対に向いた傘。

これは鎖樋と言いまして雨樋なんですが雨水を鉢に入れつつ

その中で金魚を飼っているのだとか。

家を楽しんでくれているようで何よりでした。

 

台風でキャンプが中止になった子供達は暇を持て余し気味。

組体操の真似事で末っ子は大喜び。

子供も成長と共に勉強とか学校とかスポ少の事やら何かしらは

ありますが健康で育ってくれてるだけ有難いなと。

 

お盆にはやはり家族揃ってのお墓参りは欠かせません。

ご先祖様や大切にしてくれたじいちゃんやばあちゃん。

亡くなった今でも心や記憶の中では生きている。

普段は色々な無理や時にはわだかまりを持ってしまい

がちですが、その前では素直にならざるを得ませんね(苦笑

来年のお盆は是非、快晴になって頂きたいものです。

 

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.8.21

事前の一策、事後の百策。

超大型の台風10号。愛媛県の東予あたりでは何事もなく一安心でした。

私のジンクス的なことになるのですが、台風時に万全の準備をとった時は大した被害がありません。しかし今回は大丈夫だろうとたかをくくっていた時には、それは酷い目にあった経験もございます。事前の一策、事後の百策(事前には一策で良いが事が起こった後だと百策を講じなければならない)とは昔の人は申したもので、神様はよく行いをご覧になっておられるかと(苦笑

棟上げ前の工事現場は特に床面のシートに上にブルーシートで養生。剥がれてしまうと折角の養生が台無しで濡れてしまうばかりかシートが飛んでしまうと大惨事にもなりかねません。

 

 

よく見かけるのは仮設トイレの転倒。台風対策は大事ですが四国中央市でやまじ風の方が何倍も危険です。

 

仮設足場のネットを折り畳むのは、ネットが風を受けて足場が揺らされ逆に家を傷める可能性があるからです。

ネットが無くとも風は受けますので揺れないように圧縮ジャッキというもので四方向から突っ張ります。この圧縮ジャッキも仕上げの壁面になりますと保護材をジョイントして仕上げの外壁面を傷めないよう心がけております。

基礎工事中の現場に関しましては飛散していくものの撤去が主な対策です。

 

歯抜けのように見えてしまいますが、お家の敷地を保全管理する借り囲いのパネルも一時撤去。

 

こういった作業も創業当初は一人で行っておりましたが現在は各々のお客様の現場を確認に回るだけの管理仕事で事なきを得るようになりました。現場監督をはじめ大工さん業者さんのおかげです。

 

工事品質確保のため管理体制やアフターメンテナンス体制から本社所在地の地元の四国中央市から60分圏内で工事をさせて頂いてます。しかし60分圏内と申しながらも、四国中央市川之江町のT様、金生町のK様、W様、移動式モデルⅣ、妻鳥町のT様、下柏町のM様、K様、三島中央のT様、寒川町のA様、M様、豊岡町のK様、M様、三好市池田町のT様、新居浜市中萩町のM様、本郷のK様。

チェックに回るだけでも私一人なら1日仕事。しかしこれが広範囲のエリアで工事を進めるともっと目が行き届きにくくなりますので、地元を拠点として現在の施工品質体制を維持向上させながら、社員さんをはじめ働き手の成長と共に家づくりを進めさせていきたいと考えております。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.8.16

手前味噌の自画自賛。

夏の気配バリバリだったのですが梅雨に入ってしまいましたね、例年より3週間近く遅い梅雨入りらしいです。洗濯物の乾きや雨が続くと不便ではありますが、水不足はもっと大変です。世の中に不必要なものは無いのかもしれませんね。

 

 

さてある晴れた日、新人と一緒に現場廻りをいたしました。村松町の家店舗併用住宅のN様、金生町のK様、土居町の家T様、新居浜市の家M様と本日は4現場。

村松町の店舗併用住宅は、とってもこだわったお施主様が店主。美味しい料理や美味しいデザートが出てくるお店になる予定です。僕も楽しみです!

 

最近、チラチラと付いてるこのシート。猫の絵だったりコップだったり。よくよく見ると『行ってらっしゃい』『おかえり』とさりげなく書いてあります。知人に教えてもらって使うようになったこのシート。工事中はご近所様にもご迷惑をお掛けしております。その中でご近所様や通学中のお子様にちょっとでも和んでいただきたいなという思いで始めました。弊社の女子スタッフの意見で選んだデザイン。なんか癒されます。

 

現場廻りの道中、『おっ』と目を引く家を発見!完全に手前味噌の自画自賛ではありますが、やっぱりクリエイトのOB様のお家は綺麗でオシャレであります。お施主様のセンスも輝いてます。

たまたまこちらのお家は画像を撮らせて頂いたのですが、私もスタッフも道中いつもOB様宅は気にして通っております。

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.7.16

断熱性能を数字では分かりにくいのでご案内。

お客様のお目にはかからないのですが、工事中のお客様の現場にお邪魔させて頂いております。施行状況の確認と、やはり問題も解決策も『現場』に答えがありますので特に一番長く居る大工さんとの対話を大切にしております。

 

梅雨時期なのに熱中症になるくらい暑い。はずが現場に入ったらヒヤリというか凛とした空気感。断熱材がビシッと入った状態の独特の空気感です。

 

こちらのお宅は吹き付け断熱仕様。画面中央付近の青いピンは適切に断熱材の厚みを確保できているか目視チェックするためのもです。

 

 

 

天井は垂木間に空気層を設けて熱気を棟の部分から排出しているためシートがありますのでピンが打てません。※垂木間通気、棟換気につきましてご興味のある方はいつでもご質問くださいませ。

標準仕様書では160㎜となっておりますが、万が一お伝えしている厚みより少なかったら詐称になり問題です。ですので多めに吹き付けてもらっていますので、実測値で180㎜ほどとなっております。

弊社で吹き付けに使用しておりますのは年間50000棟以上の実績のあるアクアフォームという断熱材です。

https://www.n-aqua.jp/products/aquaform/

 

 

 

 

構造体の金物も断熱で封じておかないとヒートロスになってしまいます。

こちらR仕様ですので壁面は硬質ウレタンパネル断熱材。しかもバージョンアップして旭化成のネオマフォーム。(日本で一番使用されているグラスウールと比較しますとネオマ50㎜に対してグラスだと125㎜の厚みが必要になります。約2.5倍です。

https://www.asahikasei-kenzai.com/akk/insulation/neoma/steel/gaiyou/tokuchou.html

 

断熱材の種類や熱伝導率等を並べてもお客様にはいまいちピンとこないかと思います。日常の生活で性能が良い家の効果として分かりやすいのが、❶電気代が安い(比較対象によりますが4分の1から3分の1程度)。❷暑い夏も寒い冬も快適に過ごしやすい(個人差によりますがエアコン1台で26度設定、冬はTシャツ1枚。夏は汗ばまない)という感じです。

 

数字や言葉では分かりにくいよ!という方には、8年前に建築した私の自宅(冬は薪ストーブ、夏は冷房ガンガン)と昨年建築した私の実家(高気密・高断熱仕様)を体験ご案内いたします。

ちなみに我が家の電気代の比較は、

私自宅:月/25,000 VS 実家:5,000となっておりました・・・。

 

実際にこちらの断熱材をご覧になりたい方は

今週末開催の構造見学会へ、ぜひお越しください!

詳細はコチラへ☟☟☟

http://urx2.nu/Iwg4

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.7.9

選べる楽しさデザイン×カスタム。

『子のしつけ母の心と父の手で』この標語看板、私が幼稚園の頃から見ていました。何なら画像のお寺にお泊まり保育した折に夜中にビビって保母さんに一緒に寝て頂いた記憶もあります・・・。

 

そんな思い出いっぱいの地域での家づくり。敷地調査している場所も小学校の頃、遊ばさせて頂いていた駐車場。

 

 

この土地に『選べる楽しさあなたらしい暮らしラシア』

=デザイン×カスタム=

モニター様、第1棟目が着工いたします。

ラシアは融通の効かない規格住宅ではありません。フルオーダーの注文住宅ではありませんがカスタム(選んで)する楽しさいっぱい。ちなみにこちらのお家は3×5type+和室仕様。

 

内観デザインはBETON仕様です。移動式モデルハウスができるか否やで、こちらのモニター様のお家も出来上がりそう。乞うご期待です!

 

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.7.4

ご紹介が後先になりましたが、神は細部に宿る。

土居町の平屋の家の見学会。日曜日は特に午前中は大雨だったにも関わらず満員御礼のご予約来場、誠にありがとうございました。

またお施主様におかれましてはご実家お隣で2日間、大変ご迷惑をお掛けいたしました。当然ながら養生等も配慮させて頂いたつもりなのですが、再度お家のクリーニングをさせて頂きます。

 

 

 

 

ご紹介は見学会前にするべきなのですが、後先になってしまいましたが、こちらのお宅にはkitchenhouseのキッチンが搭載されております。公式サイト:https://www.kitchenhouse.jp

 

また近頃奥様方に大人気のミーレの食洗機も搭載。

公式サイト:https://www.miele.co.jp/domestic/dishwashers-1529.htm

 

サンワカンパニーのオシャレなタイルもバッチリ。おやおやと、なぜかしらキッチンが二つ!?壁付けにはグラフテクトのkitchen。

公式サイト:https://graftekt.jp

 

キッチンが二つあったり、機能性と秘密基地ぽさ抜群のロフトに目が行ったり、将来と家事を徹底的に考えられた間取りに感動されたり。。。沢山のお褒めの言葉や感動のお言葉を頂けました。

 

しかしながら、大工さんや職人さんがコツコツ丁寧に仕事をしているかどうかの積み重ねが家の良し悪しを決めます。木と木の取り合い(くっついている所)なんかもビシッと綺麗。

 

なかなか目が行き届く所ではございませんが、木の仕事を知っているプロなら必ず見る部分です。『家』という大きな買い物であり大きな仕事だからこそ、細部の積み重ねこそ大切。

『神は細部に宿る』好きな言葉です。

 

T様、訪ねてくださったOB様、ご来場くださいました皆さま、有意義な二日間をありがとうございました!

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.7.1

見た目は大事、『いい家』の根拠も大事。

お家の見た目は凄く大事。暮らしを楽しくするのは人生を楽しくするのと同じ。

できれば私自身の暮らしも、ちょっとオシャレに暮らしたいと願っております。

 

 

しかーし。見た目も大事ですが中身はもっと大事。

職人さんの技術や知識、丁寧さが顕著に現れる【気密検査】。

工事中と完成後の二回検査しております。※高気密仕様の場合

 

 

また頭痛、めまい、吐き気、一時は大問題となったホルムアルテヒド等の有害物質の空気検査。

国が定める基準値は0.08です。

 

 

断熱性能は図面や使用する断熱材から計算で算出するのですが、適切に断熱材が施行されているかどうかが重要です。

工事中は勿論、検査をしているのですが調べるのが好きなので完成後もマイ赤外線カメラでチェック。

 

『いい家』ご家族が幸せに住まう事が目的ではありますが、私たちが提供させて頂くには『いい家』の根拠が大事。

 

『家づくり勉強会』やお引き渡し時のご説明、私の話は聞きなれない言葉が多く難しいと感じる部分もあるかもしれませんが、これからの家にとっては大切な事が多いと思いますので、分からない部分はいつでもご質問ください。

それでも分からない場合は心の中で(大事な事を言ってるんだなぁ)と見守ってやってください(笑

よりお客様にわかりやすくご説明できますよう、もっと勉強します!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~家族みんなの「好き」を

たっぷり詰め込んだにぎやかな平屋〜

ご予約制完成見学会!

 

◆日程 6月29日 () ~30日 ()

◇時間 10:00~17:00(最終受付16:00)

◆場所 四国中央市土居町藤原

※今回は、駐車場の関係で

ご予約制での開催となります。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

お電話 ☎0120-498-488

ご予約フォーム:http://ur0.work/V1S4

お電話またはご予約フォームより

ご予約下さいませヽ(´▽`)/

皆様のご予約お待ち致しております。

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.6.18

1年に一度だけ思う事。

クリエイトの業者会の皆さんにはお客様宅の工事で協力頂いたり、ご自身やご友人のお家を任せて頂いたりといつも助けて頂いてます。

その皆さんから年に一度のゴルフコンペのお誘い。ゴルフが趣味という訳でもなく10年前にお客様から5,000円で譲って頂いたゴルフセットでこの日だけはお付き合いさせて頂いてます。

 

お客様の中にはとてもとてもゴルフが上手な方が多い。僕も100は切れる程度の技術を身に付けたいな。。。と一年に一度だけ思います(笑

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.6.11

クリエイト基準の自社検査とウーマンチェック。

決して悔しがっているのでもなく、床に落書きをしたりしているのでもございません。

クリエイトではお引き渡し前に竣工検査を行うのですが、特に『ウーマンチェック』も欠かせません。

男性の目線と女性の目線はやはり違います。

特に女性の方が細やかです。

 

 

 

国土交通省が定める検査

①地盤調査

②配筋検査

③躯体検査

④完了検査。

通常は以上になるのですが、クリエイト基準にてそれ以外に自社検査として、

❶基礎検査

❷防水検査

❸外部検査

❹木工事完了検査

❺竣工検査

を行い、基準点数を定めてクリエイト基準となっております。

 

 

現場担当者が竣工検査リストを元に各々に指示、1項目チェックするごとにリーダーに報告。

10年前では考えもつきませんでしたが、今までの経験や他県の会社さんから教わった事などを自社なりに工夫して現在に至ります。

技術職はこれで完成。ではありません。

これからも改良を重ねてより『いい家』づくりに精進いたします。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.6.7

毎週月、木は『工務会議』の日。

毎週月曜日と木曜日は『工務会議』の日。

作業が終わって大工さん、業者さんも集まって各々のお客様の工事現場の進捗状況(工程表通りに進んでるか)の確認や納まり(工法や見た目や仕上げ方法など)の相互確認、難しい事は相談などが上がります。

 

紙面上の確認だけでは現実と違う場合が多い。けれど毎日、全現場を直接回る事は難しい。

そこで現場で実際にやっている大工さんや業者さんの声と計画のチェック。

お客様との約束である工期、品質を担保する上で非常に大切な会議です。

 

 

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.5.31

あなたらしい暮らしRasia 〜ラシア〜。

今年から展開させて頂きます【セレクトハウス】あなたらしい暮らしRasia 〜ラシア〜。

モニター様も決まり、いよいよお客様にショールームに行って頂く前の最終チェックに行ってまいりました。

塩崎先輩も3年目。後輩を連れて指導している姿を見るとお姉さんになったなぁと感慨深いものがあります。

入社してから僕に叱られて泣く事100回以上。お客様から感動を頂いて涙する事10回以上。『涙の数だけ強くなれるよ〜♪』という歌を思い出すほど強くなられました(笑

 

Rasia 〜ラシア〜 の詳しい内容はお電話またはご来店頂きましたら資料と共にご説明させて頂いております。また専用ホームページも構築中ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.5.29

自転車パトロール。

四国中央市土居町の家の見学会並びに少し遅くなりましたが

GWのイベントへのご来場を賜りありがとうございました。

私めはGWはお休みを頂いており、娘と一緒に下の息子の自転車の

練習を兼ねて、クリエイトのイベントへ家族で参加しに参りました。

 

2代目こども店長は道中の工事現場のパトロールも当たり前。

補助輪は付いてますがまだフラフラ。

 

 

自転車なのにあまりにスピードが遅く到着した時には

すでに『子供棟上げ』が始まってしまっておりました。

 

子供たちとクリエイトのイベントにお客様に混じって

参加させて頂いて今までにない新鮮な体験をさせて頂きました。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.5.27

建て替え、リノベーション専門店の星川工務店誕生。

GWはクリエイトにGO!!マルシェから始まり沢山のご来場ありがとうございます!

そして明日から二日間。リノベーション相談会を開催させて頂きます。

こんな新聞折り込みが入ります。当日ですが・・・(汗

 

ちなみに『星川工務店』とは、クリエイト伸のリノベーション事業部です。『クリエイトさんってリフォームとかもやってますか?』と多数のお問い合わせを頂くことが多く、お客様にとっても私たちにとっても、非常に分かりづらくなってきておりました。そこで我が星川家の家紋をロゴマークに星川工務店と分かりやすく銘打って見ました。

星川工務店のHPも完成しました!

https://www.hoshikawa-k.com/

 

 

リフォームは元に戻す、直す。

リノベーションとは『つくり変える』!!です。

 

重要な部分は大工さんも一から造ります。

 

無断熱の鉄筋コンクリート住宅には断熱を施したり。

 

 

単板ガラス(1枚ガラス)をペアガラスへ交換したり。

 

と、新築当時より断熱の性能を上げて快適な居住空間を造ったり、家族構成の変化に伴って部屋の形を変えたり。と、今までと『変える』んです。

 

 

 

ただ藪から棒に工事するのではなく当然、事前には念密な調査を行います。例えば床下は昔の場合は土のままが多く、雨の日は特に湿度が80%だった例もございます。また床下が無断熱の場合が多く『冬寒い』原因の一つとなっている可能性が高いです。

 

水道や電気等の専門業者さんとも調査したりします。

 

 

下記は鉄筋コンクリート造の場合に稀に見受けられる現象で『爆裂』と言います。簡単に言いますと、鉄筋が錆びて膨張(膨らむ)してコンクリートが耐えれなくなってヒビが入り割れてくる現象です。技術者にとっては想定の現象でも、お客様にとっては不安でしかないと思います。

 

鉄筋コンクリート造は四国中央市特有の日本三大局地風である『やまじ風』対策で建てられた建造物。確か昭和20年代にはやまじ風により家屋の40%が倒壊したと言われています。昭和50年代には鉄筋コンクリート像がものすごく建てられておりました。しかし昨今は無断熱の為に『寒い』『暑い』『結露』と日常の生活や人体に影響の大きい問題を抱え、解体するにも木造の約2倍の費用がかかってしまい、おいそれと建て替えが難しいのが現状です。

 

 

莫大な予算をかけてリフォームしても、生活や人体に影響のある『寒い』『暑い』『結露』という根本的な問題は解決しません。私たちは2012年より、この鉄筋コンクリート造の断熱改修(リノベーション)に取り組んで参りました。

特に断熱改修は一歩間違うと結露の温床になってしまったり、特に効果がなかったりしてしまいがちです。そこで我々は、温熱環境の分野でも著名な滋賀県立大学の環境科学部環境建築学科の金子尚志先生に私たちの工事を調査して頂き、論拠付けて頂けました。

http://dda-usp.com/professor/naoshi_kaneko

 

 

調査結果と対策を現地でお客様にご説明。

 

 

仕様や性能の確認、詳細お見積もり等のお打ち合わせ。工事時期や工事期間等のスケジュールの確認。また仮住まいやお引越し、2階で生活をしながらの場合もございます。

一つひとつ段階を踏んで、根拠に基づいてようやく工事着手に至ります。

 

 

祖父が遺してくれた農業倉庫。お孫さんに引き継いで欲しいという願いから鉄筋コンクリートの堅牢な構造はそのままに断熱改修を施して内部は全面リノベーション。

 

農業倉庫から和モダンな平屋に変身。

 

 

 

 

何もない打ち抜きの建物。

 

を店舗リノベーション。ちなみに私たちの会社です。

 

ブログではお伝えきれませんので、

5月 4日土曜5日日曜10:00〜17:00

川之江の木村チェーンさんお向かいのクリエイト伸本社。

通称クリエイトランドにてリノベーション相談会を開催しておりますので、ご興味のある方は是非ご来場くださいませ。

このような建物でヤシの木が目印です!

P.S ご相談申し込みの方に限り、 野菜と入浴剤の詰め合わせプレゼントがございます。

 

 

category : イベント | posted at 2019.5.3

難易度:高。の古民家リノベーション。

今回のミッションは難易度:高。『古民家リノベーション』

しかし、それはそれで技術者としてやり甲斐の高い仕事でもあります。

古き良き日本の代名詞のような軒と庭がある風景。幼少期を思い出します。こんな感じも大好きです。

 

 

室内も勿論、こんな感じでどデカイ梁がお出迎え。内法(高さ))が1m80㎝なので当然、私などは頭を打ちます。※今のおうちは内法(高さ)2mが標準的です。

 

 

 

庭先の灯篭も渋い!!

 

 

近頃、お客様の前に出る機会はほとんど無いのですが、西岡設計顧問が社員育成に尽力しております。石原も一級建築士ではありますが西岡さんの経験値には及ばない部分も沢山ございます。勿論、私もです。

 

 

 

こちらは中古住宅を購入されてからの古民家リノベーションですので、図面が存在しておりませんでした。現況復帰の図面作成は基本的に難しく精度を出そうとすれば、かなり時間も要します。

 

 

こちらの古民家リノベーション。性能は現代の基準を補填しつつ、大正ロマンにするべきか、昭和レトロで行くべきか、敢えて古民家で行くのがいいのか?

お客様との打ち合わせが楽しみです。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.4.27

子供の成長が親の勲章。

先週末の土居町の家の見学会。

日曜日はあいにくの雨でございましたが、沢山のご来場を賜り、誠にありがとうございました!

また来月も土居町にて見学会を開催させて頂きますので、どうぞお楽しみにくださいませ。

 

さてさて本日はお仕事は関係がない記事を。

毎年参拝させて頂くようになって9回目。

全国の神々が集うと言われる出雲大社。

片道3時間半、往復7時間。滞在時間は1時間。

この日は末っ子を連れての強行軍。

天気も快晴、超ご機嫌な未来を見据えて大志を描く三歳児。

 

何やらやってるなぁとなかなか気づかなかったのですが、

自分なりにこれは『ひょっこりはん』らしい・・・。

 

 

結構ブログやSNSでアップしているので

逆に子供との関わりが目立つのですが、

夫婦共働きで一般的に言われるほど

子供達との時間は少ないと思います。

道中は寝ていたので参拝している1時間程度が

彼にとって両親と関われる最高のハピネスタイム

(両親というよりお母さん)

 

仕事に対しての時間の投資は

経営者家族なので多くて当たり前。

休みや余暇が欲しいのならば

経営はするべきではないと思います。

 

そんな中で、我が家なりの親子の関わり方を見つけて

『いい家』にしたいな。と思いつつも、

どんどん育つ子供達の成長の方が早い

星川家の1日でした。

『子供の成長が親の勲章』

ある尊敬する方から賜った胸に響く言葉です。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.4.18

見学会のご紹介ダイジェスト版。|漆喰・自然素材のことなら四国中央市のクリエイトホーム

今週末、13日(土曜日)14日(日曜日)

四国中央市土居町にて開催させて頂きます

『カントリーな平屋の家』の完成見学会。

※今回は駐車場に余裕がございますので

オープン制です!

 

一足お先にダイジェストをご紹介。

今回は後輩も入社した塩崎ネイサン。

 

 

『ただいま〜』っと玄関から行けば、

大人用で48足楽々収納できる土間収納が

完備されてます。

 

 

 

『平屋だけど我が家は開放感たっぷり!』と

ドドンと化粧梁のあるL・Dは

勾配天井で高い方は3.6m。

 

 

皆んな帰ってくる前に『お洗濯、お洗濯』と

晴れの日は洗濯機のすぐ隣の

バックヤードにて天日干し。

 

 

 

『今晩は何にしようかな〜』と

大収納のシステムキッチン。

見た目は木目でこれまたお洒落。

美味しい料理ができること間違いなし!

 

 

『皆んなまだかな〜』と

部屋の窓から見える風景も心地いい。

それもそのはず高性能な樹脂サッシを装着。

 

『お帰り!』っとお洒落なだけではなく、

家族の雰囲気も感じる無垢のドアに

人気のチェッカーガラス。

 

家事動線も最高、人気の平屋。

しかもお洒落。

学校が終わってもお仕事が終わっても、

まっすぐ帰りたくなる最高の我が家。

 

そんなS様ご家族の想いと

家づくりの秘訣が詰まった見学会。

2日間のみ公開させて頂きます!

 

P.S

S様、見学会の開催を快く承諾くださいまして

ありがとうございます!

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~自然素材のぬくもりが心地いい~

“カントリーな平屋の家” 完成見学会

◆日程 4月13日 () ~14日 ()

◇時間 10:00~17:00

◆場所 四国中央市土居町土居

※駐車場が広いのでオープンでの開催です!

(ご予約不要)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.4.10

家づくりの本質は品質というインスペクション。

秋晴れのとある日。

ある人物とお客様の現場をひたすら廻りました。

 

 

何やら事細かくメモしている

ビシッとした後ろ姿がカッコいい。

話題のホームインスペクターさんが

東京からはるばる四国中央市へ。

 

インスペクターとは、監査者、検査者という意味。

ホームインスペクターは下記を参照ください。

https://e-home-inspector.com/profile/

 

 

瑕疵担保責任保険による通常の検査は勿論なのですが、

正直実際のところ建築基準法で

細かいチェックや是正効果は、ほぼありません。

一生懸命にいい家を造ろうとしても、

気持ちだけでは実現できるはずもありません。

 

 

私たちも知らなかった細かい所や超専門的な事を教えて頂いたり、

品質向上のためのアドバイスを受けました。

逆に弊社の職人さんたちが気を遣って

繊細な仕事をしてくれているヶ所も教えてもらいました。

 

例えば、家の大切な基礎の重要な鉄筋。

その鉄筋を結束する結束線という物があるのですが、

ステンレス製を使用しているのは勿論の事なのですが、

結び目を内側に向ける配慮。とか。

 

 

こちらは現場が広くて作業がしやすいという利点はあるのですが、

仮設屋さんがフェンスを揃えてくれていたり、

基礎屋さんの仕事も勿論なのですが、

道具や資材の整理整頓がなされている点など。

 

 

是正ヶ所の指摘や対応、仮設準備に関しては

弊社の監督が実際に行ってくれておりましたが、

私自身も毎日同行している訳ではございませんので、

社員さんや協力業者さんの影の努力を改めて知る機会になりました。

 

 

 

造作が進むお客様の現場では、

サーモグラフィーカメラによる断熱欠損の確認。

画像のブルーの部分が断熱材。

オレンジの部分はガラスです。

もし、断熱に欠損があればブルーの部分に

オレンジ色のヶ所が見つかる訳です。

 

 

 

そして私的にかなり重要な防水検査。

家の寿命を縮める最大の要因は『水』だと言われます。

雨漏り、結露です。

外壁を貼ってしまうと全く見えなくなってしまうのですが、

その内側にあるこの防水紙が一次防水といって、

家を雨から守るめちゃめちゃ重要な役割なのです。

 

 

そして家族の命を守る重要な構造。

構造材と構造金物の検査。

ちょうどこちらの工事現場は

大工さんが天井下地を組んでいる最中で、

『すごい丁寧ですね!』と

全国の工事現場を見ている方に言われると

私も嬉しくなりました。

 

 

 

知識の探究や技術の追求は『品質』向上のため。

品質を向上させるのは、『いい家』をつくるため。

今回のインスペクションで

私たちクリエイトの全国での

品質レベルを知ることができるので

ドキドキ、ワクワクしています。

 

今回、インスペクションしていただいたのは、

住まいと土地の総合相談センターさん。

https://e-home-inspector.com

 

代表の市村さんのビジョンは、

『日本の建築基準法を変えたい』

と国を巻き込む壮大なものです。

 

優良認定された住宅会社さんの推薦無くして

インスペクションを受けることすらできない、

なかなか厳しいお方です。

インスペクションを受け、

現場実測を元に協議された上で優良と認定されれば

書籍に掲載してもらえます。

その結果は、また後日お知らせ致します。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.2.8

努力の逸材と生まれながらの逸材。

2月の新社屋移転が近づいてまいりました!

現社屋での日々も残りわずかです。

 

 

2018年の忘年会は約7年間お世話になった会社にて

最後のお別れを含めてスタッフ家族、19卒内定者と鍋パ!

 

2011年時代も協力業者さんに手伝ってもらって

社屋の工事を夜な夜なしておりました。

懐かしい。

 

クリエイトの忘年会では各々が出し物を用意します

(チームを組んでもピンでもOKです)

内定者さんは同期で行います。のが文化です。

 

いきなり内定者さんの『顔なしダンス』

お面のクオリティも高い!!

 

顔なしからのジュリアナ!!

平成っ子が昭和の時代の産物を踊る違和感が面白い。

後から聞けば会場を借りてまで集まって練習していたとか。

1〜2回練習しただけの私の出し物とは雲泥の差。

いや〜将来が楽しみな逸材が揃ってます。

 

 

しかーし!新卒第1期生の意地。

涙と血の滲む下積みからやってきた

THE クリエイトスピリッツ!

我らが尾木パイセンがやってくれました。

尾木2:50(江頭)からの尾木100%!!

 

セクハラにならないのか?

と少し躊躇したらしいのですが、

大トリだったので引くに引けず

体を張った勝負に出たそうです。

 

結果は大受け。

いやはや内定者の努力の結晶と

尾木さんの培った経験値と天性。

7年過ごさせてもらった社屋にて

いい思い出がまた一つできました。

category : けいぽんの日当たり良好 - 社長ブログ | posted at 2019.1.26
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログ内検索

一生を共にする家だから、私たちもお客様と一生を共に

無料相談会のご予約、クリエイトホームヘのお問合せ・資料請求はこちら

家づくりを通じて、家族のキズナを育み、家とともに幸せな家庭生活を築いてほしい。それが私たちの願いです。
クリエイトホームでは、家づくりを通して、家族のあり方を
お客さまと共に考える企業でありたいと考えています。

ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい

0120-498-488

営業時間 9:00〜18:00(水曜定休)

ページトップヘ